百十四銀行カードローンの申し込み方法

百十四銀行カードローンに申し込みをするとお金借りる事が出来ます。

百十四銀行,カードローン,増額,申請,ネット,電話

百十四銀行のカードローンの申し込みをするとお金借りる事が出来ます。

 

百十四銀行のカードローンの特徴ですが、審査のスピードが速い事があげられます。営業日の午前中に申し込みを行うとほとんどの場合当日中に審査結果がでます。営業日の午後に申し込みを行うと翌日の午前中には審査結果がでます。

 

通常のカードローンの場合、正社員などの安定した収入がないと融資してもらえない場合がありますが、百十四銀行の場合にはパートやアルバイトなどでも融資が可能な場合があります。

 

こちらのカードローンで借りたお金の使い道ですが、基本的にはどんな用途でも構いません。複数のクレジットカードやカードローンから借り入れしている人だとおまとめローンとして利用する事も可能です。

 

借り入れ金額が100万円以下の場合だと市町村が発行する所得証明などは必要ありません。100万円以上の場合には所得証明が必要になる場合もあり、その際には百十四銀行のカスタマーサービスセンターの指示通りにする必要があります。

 

百十四銀行が指定する保証会社が保証するので通常必要な連帯保証人は必要ないです。融資額は最大300万円となっているので金額的にもかなり余裕があります。

 

百十四銀行カードローンの種類とそれぞれの違いについて

数年前から銀行系カードローンに申し込もうか迷っていました。そんな時に、急に友人たちと旅行に行く予定が入って旅費が必要となりました。

 

そのため、すぐに百十四銀行のカードローンサービスを利用することに決めたのです。百十四銀行カードローンの種類は複数ありますので、どれが自分に一番合っているのかを見極めることが大切だと感じました。

 

それぞれの違いとしては、実質年率や限度額などが挙げられます。私はあまり大きな金額は必要なく、毎月の生活費が苦しくなった時や、旅費などまとまった現金が欲しい時にだけ使用する程度です。

 

そのため、50万までを限度としたコースに大きな魅力を感じました。百十四銀行カードローンは、最高限度額も幅広く取り扱っていますので、安心して信頼できるサービスといえます。

 

契約社員のため審査に少し不安も感じていましたが、問題なくその日のうちに審査に通ることができた点にも感謝しています。

 

このように、それぞれはっきりとした違いのある百十四銀行カードローンは、非常に魅力的でこれからも長く愛用していきたいと感じられる質の高いサービスだと実感しました。

 

返済方法もしっかりとしていますので、心配することなく安心感を持って利用できる点も魅力です。

 

百十四銀行のカードローンの増額申請はネットや電話からできる

百十四銀行,カードローン,増額,申請,ネット,電話

アルバイトで生計をたてていましたが、最近バイクで事故をおこしてしまい。働けなくなってしまいました。貯金もほとんどなかったので、治療費や生活費が工面できずに途方にくれていました。

 

知り合いに借金をしようかとも考えましたが、あまり知り合いに頭を下げるのは好きではなかったので、金融機関のカードローンに申込むことにしました。

 

どこの金融業者のカードローンに申込むかで迷いましたが、アルバイトでも申し込める百十四銀行の114ニューカードローンに申込みました。
申し込みはインターネットから簡単にできたので、とても便利でした。

 

審査スピードも早く、その日のうちに回答がでたので助かりました。アルバイトなので審査に通るか不安でしたが、勤務年数が長かったので無事に審査に通ることができました。

 

114ニューカードローンは、限度額以内なら何度でも借り入れができて便利でしたが、限度額を低めに設定していたので、なかなか思うような借り入れができずに困っていました。

 

他社のカードローンに申込もうかとも考えましたが、百十四銀行の担当者に相談したら、ネットや電話で限度額の増額申請ができるというので、電話で増額申請をしました。

 

今までに返済遅延がなかったので、無事に増額審査に通ることができて良かったです。

 

百十四銀行とは将来の備えに役立つ金融機関だといえます

百十四銀行とは香川県を中心に店舗展開をしている金融機関で、地元の人間としては普段から当たり前の存在のように使わせてもらっています。

 

基本となるのが、やっぱり総合預金口座でしょうか。入出金が楽にできますし、お金に余裕があるときには、定期預金でしっかりと積立しています。

 

ほんの少しですが、普通預金よりも金利が高いですし、大体1年を目安に定期預金に預けてお金を増やしています。

 

他にも将来に備えて、百十四銀行の個人年金保険に加入しているんです。自分が公的年金をもらえる歳になっても、大して多くのお金がもらえないといわれていますし、それなら自分で民間の年金に加入しておくのがよいだろうと考えたからです。

 

百十四銀行の場合は、他社のサービスの窓口になっている状態みたいで、大手の保険会社の個人年金保険に加入するお手伝いをしてくれるといった感じでした。

 

どれを選んだらよいのか迷ったので、近くの百十四銀行の窓口で相談してみると、とても親切に紹介してくれたんです。一時払型や平準払型の2つから、選べるようになっていました。

 

公式サイトにもわかりやすく説明が書かれていましたが、加入の際の参考として、大いに活躍してくれました。