80歳まで支払えるのか

 

住宅ローンを今迄3回借りました

今も返済中ですが、返済できるのかちょっと不安になることがあります。

 

これは誰でもそうかもしれません。
殆どの人が80歳まで返済が続くからです。

 

若い人なら、返済を続け、最後に退職金の一部で払い終えるでしょう。
そして、これがベストな返済方法だと思います。

 

ところが、我が家は夫が51歳の時に住宅ローンを組みました。
借りた銀行側も80歳までは認めず、78歳で完済するようにローンを組みました。

 

しかし、現在我が家が借りているローンは退職金では払い切れません。
また退職金を総て使ってしまう訳にもいきません。

 

夫も私も80歳まで生きるかわかりませんから、その前に死ねば、結局保険で支払われることになるのでしょう。
でも、もし夫が80歳まで生きたとしたら、それまで毎月今払っている額を返済出来るとは思えません。

 

退職金である程度返済して、それで毎月の返済額を下げることは出来ると思いますが、年金は当てにならず、親の介護などが出てくることを考えると不安になります。
親が死んだら実家を売ろうかとも考えましたが、その前に、親が家を売って老人ホームに入ろうとしています。

 

そして、なにより夫の会社は60歳以降は働けないのです。
一般の会社は60〜65歳までは嘱託として働けますが、夫は公務員なので、県に予算が無いので60歳以降は首を切られます。

 

どこかで働き口を見つけないといけないようです。

3000万円以上のローンを返すときのポイント

3000万円以上の住宅ローンを返していく時、ポイントは「毎月の返済額」「ボーナスの返済額」「期間」の3点に絞られます。
勿論、金利を固定にするか変動にするか、それぞれ何年にするか?という所もありますが、これは景気や金利の情勢によって一概には言えない部分がありますので割愛します。

 

まず毎月の返済額ですが、例えば今お住まいのアパートの家賃よりやや少な目に設定できればそれに越したことはありません。
理由は、月の返済額とは別に月1万円弱は10年後の修繕費、5年後の白アリ対策費などの積立にしたい部分もありますから、安めにして貯金する為です。

 

ボーナス時は、出来れば20万円以内の方が無難でしょう。
もし車のローンがこれに上乗せされる事になっても、困らない金額設定にすべきです。

 

また、エアコンや冷蔵庫などの高額白物家電が突然壊れたという時にも助かるはず。
もしこれでも余裕があるという時には、貯金しておいて、10年以内での繰り上げ返済に回すという手もあります。

 

そして期間ですが、とりあえず長くしておくというのが一般的です。
その後、前述した繰り上げ返済で、ボーナス分だけを数年分カットする。

 

次に、全体の期間を数年分またカットする。
という形で短くしていけば、いざという時の出費に家計が耐えられるようなローン返済計画になるでしょう。

オートバイをローンで購入した時の話

私は今から17年以上前の当時私がまだ大学生だった時代に、大学に進学する為に故郷を離れて東京に上京して都内の私立大学に通っていた時に、自宅アパートから都心にある大学に通う為の通勤手段として原付のオートバイを購入したのですが、その時の原付オートバイの購入はバイクローンを組んで行いました。
私は東京の私立大学に入学して大学1年生の時は普通に電車と徒歩で大学に通っていたのですが、その内アルバイトを始める様になり、アルバイトの勤務先のガソリンスタンドが自宅アパートからも大学からも遠い逆方向の場所にあった事などからアルバイトの通勤に不便を感じる様になり、バイクローンを組んで原付のオートバイを購入して大学やアルバイトの勤務先のガソリンスタンドに通う様になったのです。

 

原付オートバイは最初中古のオートバイショップで購入しようとしたのですが、オートバイに詳しい大学の同級生が初めてのオートバイは新品で購入した方が良いのでは、とアドバイスをしてくれたので新品の原付オートバイを10回払いのローンを組んで購入したのでした。
ローンの保証人には父親になってもらい、私は父親にサインと実印を押した書類を往復の封筒で送ってもらい、無事にオートバイを購入する事が出来たのでした。

 

闇金の相談を司法書士に依頼するメリットとは

おまとめローンで心理的に安定

ローンと言っても色々な種類やパターンがあるともいます。
私の場合はカードローンを複数社で利用しています。

 

最近では審査についても厳しくなっているようで簡単にはお金を借りることは難しいそうです。
しかし私が利用していた数年前は審査もそれほど厳しくないように思えましたし、カードローンを複数利用する事ができました。

 

安定した収入がある事も一つの良い条件だとは思います。
しかしカードがあることで気がゆるむと言うか借りている事を忘れ、自分のお金のような感覚になってしまいました。

 

困った時におかげがあるから大丈夫といった感じです。
そうこうしている間に気が付いたら各カードローンで限度額に達してしまうほど借りていました。

 

毎月の返済が大変ですし複数の業者に返済していると何だか訳が分からなくなってしまいます。
そんな時に甘い言葉と言うか情報が入ってくるのですが、おまとめローンの話が舞い込んで来ます。

 

今利用しているカードローンを一つにまとめて支払いも1箇所になると言うのです。
確かにこれは便利だなぁと思い話を聞くだけ聞いてみようと企業へと連絡をしてみました。

 

借りている残額を申請して全て完済する事が条件で借入する事になります。
結果的に返済を1本にまとめる事ができたため精神的な不安は無くなったと思います。